hatake-works

30代2児のお父さんが趣味で始めた家庭菜園の記録。のんびりやってます。

タキイ販売のバイオダルマと花巻酵素のユキパー

 

フィレンツェナスの花

バイオダルマとユキパー

hatake-work.hatenablog.com

 前回、バイオダルマとユキパーどちらを継続しようか悩んでおりました。

そして価格的に優位なのはバイオダルマであると書きました。が。。。

花巻酵素よりお手紙が届きました

なんと、花巻酵素さんよりお手紙が届きました。

リピーター獲得の為と思われますが、お客様感謝際とのことで商品10%引きになるとのこと。通常の場合でも2回以降購入すれば5%割引もしているとのことで若干安くなりそうです。

お手紙って嬉しいもんですね

 

●ユキパー

送料650×5=3250円

本体3300×5=16500円

▲1650円

合計:18100円/年

●バイオダルマ

価格は2150円×6=12,900円

価格差は年間で5200円

使用量をよく検討してみる。

前回は各メーカー推奨の施肥量でざっくり考えてみましたが、実際の使用量はどうかということです。

ユキパーは実際のところ1袋購入して現在も1/3が残っている状態。

使用開始は5/27からなので約3か月。

ひと月に4kgのペースで使用中。12.5kg入りなので年間で4袋あれば足りそうなのだが。。。。

ユキパーの肥効

庄屋大長茄子で実験中だが、思ったより肥効が長い。元肥の一握りが効いているようで

追肥は苗の活着後の1握り1回のみだけど、まだめしべがおしべより長く

健全な状態で3week目を迎えている状態。

この状態なら、元肥に1袋、追肥に1袋~2袋あれば行けそうな感じがする。

●ユキパー

送料650×3=1950円

本体3300×3=9900円

▲990円

合計:10860円/年

ライズ菌と併用する場合、約2500円UPする。

 

ユキパーは米ぬか、カニがら、魚粉、粉炭が原料であり家畜糞の使用がない為穏やかで効き目が長いのかもしれません。

バイオダルマの肥効

こちらについてはまだよくわかりませんが、土壌改良のちからは感じます

肥効しだいですが、3袋でよければ5482円。

バイオダルマを撒いた部分はふっくらとしてきます。2week経たずに効果が感じられます。

こちらは採卵用鶏糞と各種酵素とミネラルをダルマ菌で発酵したものですが

ダルマ菌とはなにか?

各種酵素とはなにか?

ユキパーと違い原料が明確ではない点が唯一気に入りません。

もうしばらく悩みそうです。

悩んだ結果、わたくしはユキパーを使います

バイオダルマ、白菜とキャベツの定植時にすきこみをしました。

どこの畑でも同じなのか、僕が借りている畑だけなのかわかりませんが

どこからともなくハエ達がわんさかと集まってくるではありませんか。

うるさい!うざい!

今回元肥もかねて1kgほど使いました、もちろん土に埋めておりますが

ものすごい量のハエが寄ってくる。

いくら価格がよくて、いい感じのものでも使用の度に不快な思いはしたくありません。

よってユキパーに決定。

こちらは甘酸っぱいおいしい匂いでハエなんか寄ってきません。

それにめちゃくちゃ甘い長茄子が収穫できたことに感動してしまいました。

ユキパーが楽天で購入できるようになったみたいです

2017年11月6日 追記

ただ今絶賛使用中のユキパーが楽天にお店をオープンしたようです。

土づくりの為のライズも販売されております。

気になる方はお試し版の小さいユキパーもあるようですので是非どうぞ。